雨漏りの防水について

アルミサッシと雨漏りの関係

アルミサッシと雨漏りの関係 マンションや戸建て住宅の場合では必ず住宅に窓ガラスが設置されていることになり、アルミサッシを使った住宅も多く見つけることができます。
一定のメンテナンスを行っている住宅であっても、経年劣化が進んでしまうことも多く、どのような住宅でも避けることが難しいような場所もあります。
窓ガラスでアルミサッシを使っている住宅の場合では、後に雨漏りが起きてしまうことも多く、その関係性を理解した上でリフォーム等を行うことが良い方法です。
この場所から雨漏りが起きてしまう場合では、窓ガラスの周囲の室内側の壁が雨で濡れてしまったり、床材が腐食してしまうことも多く、一般的に知られているような天井からの漏れではないことが特徴です。
このような状態に陥ってしまった場合では、アルミサッシの縁に施工されているシーリングを打ち直す方法が用意されているので、専門業者に依頼することで比較的簡単に対応することができます。
しかし、何度も同じ場所から雨漏りを起こしてしまうようであれば、他の方法で対処することが必要になるケースもあり、アルミサッシ全体を新しいものへと交換することで改善できる場合もあります。
この部分に関しては素人では簡単に判断できない場合が多いので、専門業者に任せることが良い方法です。

ウレタンの防水効果と雨漏りについて

ウレタンの防水効果と雨漏りについて ウレタン樹脂を塗りつけて、乾かし硬化するとゴム状で弾性のある防水膜が出来上がります。
液体状のウレタンを塗って施工を行う方法はシート防水などができないような凹凸が多い場所でも簡単に施工ができます。
下地の種類や状態によっては工法を変えることがおすすめです。密着工法や通気緩衝工法があるので費用や職人の技術によって使い分けることができます。
いずれも定期的にメンテナンスを行うことによって雨漏りを防いでくれるのできちんとした業者に依頼する必要があります。
適当な施工を行えば防水層が膨れて破けたり、劣化が早まってしまい雨漏りしてしまう可能性が高まります。あまりにも安価な業者はウレタン防水の本来の厚みにならず防水性に乏しい施工を行う可能性があるので注意が必要です。
最後のトップコートを仕上げることによって内部の防水層はわからないため誤魔化しやすいことも特徴です。
雨漏りに強い工法としては通気緩衝工法ですので初期費用は上りますが検討してみることがおすすめです。
雨漏りしないウレタン防水をしてくれる業者選びのポイントとしては施工事例を公表しており、施工実績が豊富な業者が一番です。初心者の人でもわかりやすく施工内容をアピールしていることも大切です。

雨漏り工事に関するお役立ちリンク

迅速・丁寧・安価で対応する総合改修工事会社のサイト

雨漏り 東京

新着情報

◎2018/2/15

雨漏りへの応急処置
の情報を更新しました。

◎2017/12/15

突然の雨漏り、行なうべき対応
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

雨漏り時の対処法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

雨漏りの補償期間
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

ベランダから雨漏りする原因
の情報を更新しました。

「雨漏り」
に関連するツイート
Twitter