ベランダから雨漏りする原因

ベランダから雨漏りする原因とは

ベランダから雨漏りする原因とは 一階部分が雨漏りする場合、必ずしも屋根が原因とは限りません。
雨が進入している上の部分がベランダの場合、何らかの原因でそのベランダの何処からか雨漏りしている事があります。
ベランダの雨漏りの事例としては、ベランダの防水性が無くなったり、ひび割れが生じて雨が進入している場合や、ベランダ防水とサイディングの継ぎ目に施工してある水切り部分から進入している物などがあります。
どちらも下の階が部屋ではない場合気付くのが送れますが、部屋の場合には雨が降るたびに進入し非常に困ります。
ベランダ防水が無くなったりひび割れている場合には見た目で原因がわかりますが、水切り部分の場合、なかなか場所が特定されない場合もあります。
また、水切り部分から雨が進入している物は、初期の工事不良によるもので、施主が費用負担する必要はありません。
しっかり雨漏りの原因をつきとめ、自分に落ち度のない物では工事費用を払わないようにしたいものです。

モルタルが起因して生じる雨漏りとは

モルタルが起因して生じる雨漏りとは モルタルは砂とセメントと水を混ぜ合わせることでその粘性と柔軟性を生み出し壁面に塗布するものですが、乾燥すると水分が抜けた分収縮が発生します。
その為、水分が多い場合にはその水分がなくなる分大きく収縮しひび割れが生じることがあります。そのひび割れの部分から内部に雨水などが浸入し、雨漏りを生じてしまうことが有ります。
さらにその収縮による影響を小さくするために目地を設けていることも有りますが、収縮の度合いが大きい場合には目地の部分とモルタルの部分に剥離が生じることがあり、その部分から雨水が浸入して雨漏りを引き起こすことも少なくありません。
さらにモルタルは乾燥すると非常に固くなることから歪みや変形によりひび割れてしまうことも少なくありません。そこから雨水が浸入して雨漏りに繋がる事もあるため注意が必要です。
モルタルは古くなってくると乾燥が進みひび割れが発生しやすくなります。雨漏りを防止するためには定期的に外壁を点検し、補修を行うことが大切です。

新着情報

◎2018/2/15

雨漏りへの応急処置
の情報を更新しました。

◎2017/12/15

突然の雨漏り、行なうべき対応
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

雨漏り時の対処法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

雨漏りの補償期間
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

ベランダから雨漏りする原因
の情報を更新しました。

「雨 濡れる」
に関連するツイート
Twitter