雨漏り時の対処法

新築で雨漏りが起こったときの対処法

新築で雨漏りが起こったときの対処法 経年劣化が起きているわけでもない新築の住宅なのに、壁や天井から雨水が入り込んでしまうようであれば、それは施工不良が原因と考えてください。
購入してから間もない物件であれば、まだ保証の期間内なので無償で補修作業を行ってもらう事も可能ですから、まずは業者側と話し合いをする事が重要です。
保証期間内だという事も知らずに、自分で雨漏りの補修作業をしてしまうと、一時的に雨水が入り込むのは防げても、建築材の腐食を防げない場合もあります。
室内に雨水が落ちてこなくても、建築材が雨水を受けているだけという場合もありますから、自力での補修作業は危険だと覚えておいてください。
優良な業者であれば、施工不良が起きている可能性のある部分を確かめるだけでなく、雨水による腐食が起きているか細かいところまで確認をしてくれます。
住宅を購入してから10年は保証期間が設定されるのが原則となっているために、購入してから5年以上は経過している物件であったとしても、雨漏りの補修工事の保証を利用する事を忘れないようにしてください。

家の中がカビ臭い…と思ったら雨漏りしてるかも!

家の中がカビ臭い…と思ったら雨漏りしてるかも! きちんと掃除しているのに、なぜか部屋がカビ臭いということはありませんか。それはもしかしたら、どこかで雨が漏っているからかもしれません。
雨漏りというと、雨の日に天井から雨水が落ちてきて気がつくことが多いのですが、これはかなり事態が進行した状態です。
その前に、長期にわたって屋根の瓦のずれやスレートの浮き、外壁のひび、ベランダの劣化などから雨水が内部に侵入し続けている可能性があります。
カビ臭いということは、じめじめとした環境が続き家の内側にカビがびっしり生えてしまっていると考えられます。革製の靴やかばんなどにもカビが生えていることがあります。
カビを放置すると、住居に住んでいる人間の体にも悪影響を及ぼします。アレルギーや呼吸器系疾患を招く原因にもなります。雨漏り自体も住居の腐食やシロアリを招くため、早急に対応する必要があります。
部屋がカビ臭いなと感じたら、雨漏り修理業者などに相談して、雨漏り調査を行ってもらい、必要に応じて修理を依頼しましょう。

新着情報

◎2018/2/15

雨漏りへの応急処置
の情報を更新しました。

◎2017/12/15

突然の雨漏り、行なうべき対応
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

雨漏り時の対処法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

雨漏りの補償期間
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

ベランダから雨漏りする原因
の情報を更新しました。

「雨 カビ」
に関連するツイート
Twitter