突然の雨漏り、行なうべき対応

突然の雨漏り、行なうべき対応

突然の雨漏り、行なうべき対応 突然の雨漏りに対してとっさに行うべき対処法としては、まず最初に室内が濡れるのを防ぎましょう。
雨水が滴り落ちてくる部分にはバケツや洗面器を置くなどして、床がぬれるのを守る必要があります。
床が濡れることによってカビが生えてしまったり、腐食する原因となるので注意が必要です。
バケツなどに水がたまると水しぶきがあがり、それが跳ね返って床に飛び散る可能性もあります。
バケツの底の部分には雑巾や新聞紙などを敷いておくとよいでしょう。
そして室内には様々な家電製品や家具などが濡れると困るものが多く見られます。
早急に対応し二次被害を防ぐことが大切なので、もしも自分で屋根裏をのぞける状態であるならば、どこから雨漏りが発生しているのかをチェックするようにしましょう。
屋根裏にバケツを置くことによって、天井が塗れるのを防ぐこともできます。
またブルーシートは屋根の応急処置には最適なものです。
大きめのブルーシートを用意して砂利などを詰めた土のうを上からおくことによって最小限に抑えることができます。

雨漏りを放置するのは危険です

雨漏りを放置するのは危険です 天井から雨漏りしていても、修理には多額の費用がかかるし濡れるだけだから大きな問題はないだろうと考えて、放置している人がいます。
しかし、雨漏りは直さずにいると、状態が悪化して家屋に大きな被害をもたらしますので注意が必要です。
雨漏りしているということは、屋根の内部には相当量の雨水が侵入していることになります。
濡れた建材を放置しているとどんどん腐食が進んでしまい、家屋全体にとって大ダメージとなりかねません。
また、常時ジメジメした環境にあるため湿気を好むカビが発生する可能性は高く、住人にアレルギーを引き起こす恐れがあります。
湿った木材を好むシロアリも引き寄せることがあり、食いい荒らされて建物全体に被害が及びかねません。
さらに、天井裏に走るケーブルやコードが濡れて漏電を起こし、火災が発生する可能性もあります。
雨漏りはこのような危険を招きます。
雨水が漏っていることに気がついたら放置せず、修理専門のプロに相談して速やかに対処するようにしましょう。
火災保険に加入している人であれば、風災補償などがついていれば補償を受けられる可能性があります。

新着情報

◎2018/2/15

雨漏りへの応急処置
の情報を更新しました。

◎2017/12/15

突然の雨漏り、行なうべき対応
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

雨漏り時の対処法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

雨漏りの補償期間
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

ベランダから雨漏りする原因
の情報を更新しました。

「雨 危険」
に関連するツイート
Twitter