トタン屋根の雨漏りについて

コンクリート造りでも雨漏りが発生する理由

コンクリート造りでも雨漏りが発生する理由 建物は経年によりあらゆる部位、部材が劣化します。屋根や外壁、バルコニーといった外気に面する部分の劣化は、雨漏りの原因となりますので、修繕工事が必要となってきます。
鉄筋コンクリート造の建物の場合、雨漏りの原因となるのは主に外気に面する部分、つまり屋根やバルコニー、外壁のひび割れ(クラック)です。
このひび割れが発生する原因としては、コンクリートの中性化が挙げられます。中性化とは、アルカリ性のコンクリートが経年により酸性化する現象のことを指します。
この中性化が起こりますと、コンクリートの部材そのものが劣化し、ひび割れを発生させてしまうのです。
雨漏りの原因となる箇所は屋上だけではありません。バルコニーや外壁のひび割れも雨水の漏水の原因となります。
つまり、外部に面する部分にひび割れが発生しますと、その隙間から雨水が入り込み、躯体内部を浸透して部屋内へと漏水するのです。
ですから、雨漏りが確認された時は、建物外部の全てにおいてひび割れ等のチェックをする必要があります。

トタン屋根の雨漏りについて

トタン屋根の雨漏りについて 雨漏りは家を破壊するだけでなく、家財道具までダメにしてしまう可能性があります。
特にトタン屋根の雨漏りは、長期間使ってきている物であれば、繋ぎ目や端の方からのサビによるものが原因となっている事が多いです。
その他の原因は強風により薄い所がめくれ上がってしまい、その場所から雨が入り込んでしまうのです。
治す為には、サビているトタンの部分を切り取り新たに貼り付ける方法と、トタン一枚分を剥がして、その部分を新しい物に変えてしまう方法があります。
どちらの方法も新しい物を張り付けた後に、防水加工をして終わりますが、一か所サビていると、他の所も間違いなくサビている状態が考えられますので、近いうちにまたどこかで雨漏りの状態が起こってくる可能性があるのです。
出来ればサビが出る前にペンキの塗り替えを行っておけば、通常より長持ちさせる事が出来ますが、サビた後から行っても何もなりませんので、専門業者に依頼をしてトタン屋根全体を取り換えてしまう事も検討した方が良いのです。

新着情報

◎2018/2/15

雨漏りへの応急処置
の情報を更新しました。

◎2017/12/15

突然の雨漏り、行なうべき対応
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

雨漏り時の対処法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

雨漏りの補償期間
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

ベランダから雨漏りする原因
の情報を更新しました。

「雨 ベランダ」
に関連するツイート
Twitter