ベランダから雨漏りする原因

一般的に雨漏りに対する補償の期間

一般的に雨漏りに対する補償の期間 皆さんは雨漏りの補償期間について、一般的にはどれくらいの期間なのかご存知でしょうか。
平成12年4月1日施行の「住宅の品質確保の促進に関する法律」により、新築住宅の主要構造部や雨漏りについては、引渡しから10年間補償することが義務付けられました。
雨漏りに関しては簡単な修理にて改善できるケースもありますが、壁面内部に雨がしみ込んで内側に使用されている素材などが腐食してしまうケースもあります。
補償期間内であるうちはハウスメーカーに依頼して確実に修理してもらうようにしましょう。
メーカーとの交渉がうまくいかない場合は、消費者保護法との関係を含め、消費者生活センターにご相談してみることも一つの方法でしょう。
住宅は個人が購入するものの中では非常に高価な部類になるので、そうそう再購入したり追加で修理をするわけにはいきません。
施工の段階で、完成後に雨漏りなどが発生した場合のケースなどについて詳しく話し合っておくことが望ましいと考えられます。

出窓から雨漏りが発生する原因

出窓から雨漏りが発生する原因 雨漏りをすることによって、家の構造が腐ったりカビる原因になります。
その中でも出窓から雨漏りが発生することがあります。
この原因は、出窓周りのシールが劣化して亀裂ができてしまうことがあげられます。
その亀裂から雨漏りがしてしまうのです。
出窓の部分は、複雑なつくりをしているというのと、負荷がかかる部分なので、ほかの場所よりも劣化してしまうことが多いです。
少しのひびわれからも雨漏りはしてしまうので、ひび割れをみつけたらすぐに修理をする必要があります。
たまに雨がしみこむくらいと思っても、そこから家の柱や構造物が濡れて腐っていく可能性があるので、見つけたらすぐに直すことが必要です。
新築の家でも、出窓のとりつけの不具合があっても、雨がしみこむこともあるので、注意深く、家の状態をみていく必要があります。
出窓ちかくのタイルの割れも水が浸入することがあるので、とくにその部分は注意深くみて少しでも気になったら専門家の指示をうける必要があります。

新着情報

◎2018/2/15

雨漏りへの応急処置
の情報を更新しました。

◎2017/12/15

突然の雨漏り、行なうべき対応
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

雨漏り時の対処法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

雨漏りの補償期間
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

ベランダから雨漏りする原因
の情報を更新しました。

「雨漏り 修理」
に関連するツイート
Twitter