雨漏りへの応急処置

雨漏りへの応急処置

雨漏りへの応急処置 みなさんは、雨漏りの経験はあるでしょうか。
突然の雨漏りや夜遅くの雨漏りでは、すぐに業者に修理をお願いすることも出来ず、困ってしまうこともあるかと思います。
そのような場合に、ご自分で出来る応急処置を紹介します。
まず家の中で出来ることは、水が垂れているところにバケツやコップを置いて水を受けることです。
そのまま床に水が垂れてしまうと、後々床が腐ったり、家具が水分で変形してしまう可能性があります。
そのため、天井から水が垂れていることを確認した場合は、すぐに水受けを準備しましょう。
そしてその後は屋根の応急処置ですが、一番有効とされるのは、ブルーシートを屋根に広げることです。
素人目には、どこに隙間があって水が入ってきているのか判断難しいことがほとんどです。
そのため、原因の箇所がわからない場合には、出来るだけ広範囲にブルーシートを敷き、土嚢などで押さえておきましょう。
ただしあまりに雨が酷い時や台風の時などは、屋根の上に登ることは大変危険ですので、家の中で水を受けるに留めておくのが賢明です。"

雨漏りが屋根に与えるダメージ

雨漏りが屋根に与えるダメージ もしも雨漏りがしてしまった場合、家の木を腐らせる、木の中に虫が住み着いてしまう、小動物がすを作ってしまうなど雨漏りによる被害は計り知れません。

 また、雨漏りによって一番ダメージを受けやすいのは木造の屋根です。
木造は鉄筋やコンクリートと違って通気性がよく低下価格で提供できるため多くの家の材料として使われています。

 しかし、中には虫を木の中で繁殖さてしまったり、小動物の住処を与えてしまったりと人間の住まいだけでなく動植物の住まいをも同時に持ってしまうという難点があります。

 そして、そのダメージは計り知れません。
もちろん、すぐに修理できれば事なきを得るのですが、「家の修理」は簡単なものではありません。

 お金もかかりますが、被害が大きい場合は雨漏りをしている部分だけでなく全体を取り替える大工事になってしまう場合もあり、工事で洗濯物が干し難かったり、騒音があったりと生活にもストレスを感じる被害がでることが予想されます。

 このようなダメージを防ぐためには、耐久性を定期的に診断しておくことが大切です。
診断をする場合は外部だけでなく内部も確認することが必要です。
それを怠ると、大規模な工事や動植物の住まいになってしまう恐れがあるため定期的な管理が大切ななのです。

新着情報

◎2018/2/15

雨漏りへの応急処置
の情報を更新しました。

◎2017/12/15

突然の雨漏り、行なうべき対応
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

雨漏り時の対処法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

雨漏りの補償期間
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

ベランダから雨漏りする原因
の情報を更新しました。

「雨漏り 応急処置」
に関連するツイート
Twitter